東京喰種:re ネタバレ考察! エトに死亡フラグ?救世主はカネキ・亜門?

東京喰種:re 77話 旧多二福(フルタ) 隻眼 喰種

スポンサーリンク

ブログの管理人
サイトをご覧いただきありがとうございます!

当サイトの管理人、漫画家アシスタントとして売れっ子漫画家を夢見るユミ、19歳です!!

このブログでは、管理人が好きな漫画だけを、独断と偏見満載で考察していく予定ですww

今回の記事は、東京喰種:re 「エトに死亡フラグ」のネタバレ、考察記事となります!

 

東京喰種:re の考察です!

フルタの正体が判明し『エトに死亡フラグが立った!』と話題になっていますね!

東京喰種:re 76話「惰疎」ネタバレ!旧多二福(フルタ)が隻眼の喰種で確定!

2016.05.21

果たして本当にエトは退場になってしまうのか・・・?それとも救世主が現れるのか?考察してみました。

 

スポンサーリンク

赫子を出したフルタの初陣で・・・。

東京喰種:re 77話 旧多二福(フルタ) 隻眼 喰種

何よりも不気味なのがフルタの強さがどの程度のなのか?です。
その正体が謎に包まれていたフルタですが、遂に赫子を出し隻眼の喰種である事が判明しました。

よって、エトとの戦いでその実力が明らかになるという訳です。

最強の死神である有馬よりも強く、隻眼の王がフルタでは?という噂があるほどですから・・・ここでフルタが退場になる可能性は低い・・・?

 

フルタがピエロのボス説・・・?

東京喰種:re 隻眼の王 正体 有馬 カネキ ヒデ 亜門

フルタのエトを小馬鹿にしたやり取りを見て、ネット上にはフルタ嫌い!という声が多数www

でも、旧多の道化師ぷりっを見ていると、ピエロのボスがフルタであることを示唆しているのでは?とも思えます。
ピエロのボスとしてはあの男の説もありますが・・・果たして!?

東京喰種:re 考察 ネタバレ! ヒデの正体がピエロで確定って本当?!

2016.05.25

 

やはりパテには何かが・・・?

これは何度か予想している事ですが、やはり記事なるのがフルタがエトに差し入れした塩野のパテ。

東京喰種:re 75話 エト フルタ ネタバレ 考察

これに何かが仕込まれている可能性が高いと見ています。

ネット上でもこんなことが多数・・・。

フルタさんの事だから塩野にグールにすごく効く遅効性の何かを混ぜてたに違いない

 

再生ができにくくなるorできなくなるナンカを入れてると予想。
フルタの事だから、エトが大暴れしたら余裕で脱獄するだろうと考えて、
普通に差し入れてもエトがフルタからじゃ食わないだろうから、
意地になって必ず食う様に、塩野入りにしたんじゃないかの。

そうなると、ますますエトの死亡説に現実味が出てきてしまいますよね・・・汗

 

救世主が現れると予想してみたい!!

東京喰種:re アラタ ヒカリ エト ドナート ネタバレ 考察

死亡フラグが立った!と話題になっているエトですが・・・。
どうしてもここで退場するとは思えないのです!否!思いたくないのです!!

フルタがエトに何かを仕込んでいるか(パテに・・・)、フルタがエトより強いことは間違いなさそうです。

しかし、期待したいのが救世主の存在。

エトを助けにする可能性がある人物を予想してみた!

 

カネキ

東京喰種:re 隻眼の王 正体 有馬 カネキ ヒデ 亜門

まずはカネキ。

有馬との絶賛戦闘中ではありますが、何かしらの決着を付けてエトを助けに来る可能性もあるのではないか、と。

 

亜門

東京喰種:re ネタバレ 考察 66話 エト カネキ

そして一番不気味であり、本命なのがこの男!

【亜門】さんです!!

隻眼のグールであること、生存している事が判明してから一度も登場していませんが、どこかでは登場するでしょう。
しかも登場シーンとしては最適。

エトの救世主として亜門が登場する可能性が高い?

亜門と言えば、あの男の存在も気になる所ですが・・・。

 

亜門と言えばあの男との因縁は・・・?

東京喰種:re アラタ ヒカリ エト ドナート ネタバレ 考察

亜門が登場する可能性は高そう。
そうなるとコクリアに収容されているこの男の存在も気になる所です。

そうドナート・ポルポラですよね?

エトの救世主として現れて、亜門VSドナートなんていう因縁の対決が始まるなんていう展開は・・・ないかな?

 

有馬貴将の知られざる過去が判明…!

東京喰種 JACK

有馬貴将には、今に至る強さの秘密があるんです。

彼の若い頃の活躍を詳しく知りたいと思いませんか?

有馬貴将の知られざる過去って…?

 

東京喰種:reの他の記事のねたばれや考察についてはこちらからどうぞ

東京喰種:re ねたばれ・考察一覧

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です