東京喰種でヒデの実写版が気になる!イメージぴったりと騒がれた人物とは?

東京喰種,ヒデ,実写

スポンサーリンク

ブログの管理人
サイトをご覧いただきありがとうございます!

当サイトの管理人、漫画家アシスタントとして売れっ子漫画家を夢見るユミ、19歳です!!

 

このブログでは、管理人が好きな漫画だけを、独断と偏見満載で考察していく予定ですww

今回は、実写映画化が決定している東京喰種のヒデ役を演じる”ある俳優さん”をピックアップしてみました!

 

『東京喰種』は石田スイ先生のかく漫画で、人間を喰らう喰種(グール)と人間との闘いを描いたアクション作品です。

漫画だけに限らず、アニメや実写映画ともに人気が高く今や作品名を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか?

 

人気漫画で実写版になったときに重要なポイントが映画の登場人物です。

そんな、東京喰種の実写版映画で主人公カネキの親友「ヒデ」役がイメージぴったりと大好評のようです。

 

主人公カネキケンにも匹敵するほどの人気キャラ「ヒデ」とはどういう人物なのか?

作中での彼のイメージと実際についても気になるところです。

さて実写映画での描かれ方はいかに?

 

スポンサーリンク

東京喰種の実写版ヒデ役には超特急でおなじみの小笠原海

東京喰種が実写映画化されました。

 

その配役は豪華キャストで固められています!
↓ ↓ ↓
東京喰種の気になるキャスト一覧はこちら

 

原作に近いイメージを持つ俳優さん、女優さんが選ばれその内容も期待度MAX!

どの配役も原作のイメージを裏切らないもので、東京喰種の実写映画化は大ヒット間違いなしです。

中でも主人公カネキの親友「ヒデ」役には興味も集まり、その配役にイメージ通りとの声も上がりました。

 

彼は音楽グループ「超特急」のカイこと

小笠原海(おがさわらかい

です。

彼の見た目やイメージが主人公カネキの親友としてどれくらいイメージにマッチしているのでしょう?

 

東京喰種のヒデ役がこれほどまでに人気の訳とは?

 

東京喰種の主人公は喰種に襲われたことにより、なりゆきで喰種の臓器を移植され半喰種になってしまった

カネキケン

です。

 

彼とその周囲を取り巻く喰種たちが何よりも注目を集めるストーリーです。

 

ただの人間であり、ただカネキの親友だというだけで注目されているヒデ。

なぜ何の力も持たず、戦えるわけでもなく、喰種の世界に関われないヒデがこれほどまでに人気があるのでしょう。

それはやはり、カネキの生き方に大きく影響する人物だからだと思います。

 

カネキが喰種になったことによって変化した生き方とヒデの存在

カネキは不可抗力で喰種と人間の半々の身体を持つ存在になってしまいました。

そして人間であったころの自分を思い、喰種になって人間を食べなくては生きていけない身体になったことへの悩みを深めていきます。

 

その折々に登場する親友「ヒデ」

 

カネキは喰種になったばかりの頃、空腹のあまり自分を見失い、友達のヒデを食べようとするシーンがあります。

  • 親友を食べる。
  • 人間を食べる。

その行為は人間が食料としての牛や豚などを食べるのと同じこと。

 

しかし、カネキは思いとどまります。

カネキの食欲という本能を食い止めたのは相手がヒデだったからでしょう。

喰種としての感覚の中で必死に理性を保った結果、ヒデを食べずにすみましたし、カネキの人間としてのわずかなプライドを保ったとも言えます。

これがヒデでなかったら、たぶん本能に負けてカネキは平気で人間を口にしていたのではないでしょうか?

 

そんな人間と喰種の板挟みで悩まされる場面が「東京喰種」には数多く出てきます。

喰種として生きてしまえば楽なのに、人間としても生きていたと思うのは、きっとヒデの存在があったからだと思います。

ヒデは主人公の生き方や決断の源になる存在といっても過言ではないのです。

 

東京喰種「ヒデ」のキャラクターについて

ヒデは

  • 明るい
  • 人付き合いがいい
  • 活発
  • 観察力がある
  • 友達思い
  • 頼まれたことをこなす

 

などの要素を持つ人物でなくては務まりません。

 

明るいながらも頭の回転の速い、かしこい人物で社交的。

そういうキャラクターを生み出せる人が最適だったわけです。

そこで超特急(カイ)こと小笠原海さんが選ばれたわけですが、彼は見た目も原作のヒデのイメージにまさにぴったり。

 

そして主人公カネキケンを演じた久保田正孝と同じ事務所の後輩ということで窪田さんを尊敬している部分も

主人公に近い

存在としてハマリ役だったと言えます。

 

まとめ

今回『東京喰種』の実写映画において主人公カネキの親友役

ヒデ

について考えてみました。

 

今回ヒデ役になった小笠原海さんは、音楽グループ「超特急」の中でも明るいイメージで本人のキャラがヒデに近息がします。

そして見た目のイメージも近かったという点も彼がヒデに選ばれた理由でしょう。

 

最終的に映画が公開されて

ヒデがハマり役

と絶賛されたのは彼の演技がヒデの魅力を存分に引き出したからだと言えます。

 

原作を読んで「東京喰種」の世界を堪能したら、次は実写映画化された作品と見比べて楽しむと面白さも倍増するでしょう。

東京喰種は漫画、アニメ、映画とどれをとってもハズレがありません。

二度も三度もおいしく楽しめるそんな作品です。

 

ヒデの人物像と実写映画化作品に出演した小笠原海さんとを重ねて満足すること間違いなしです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です